YouTubeチャンネル登録者が2万人を超えました! > 動画はコチラ
PR

大きく効果が違う!ヨガとストレッチの違いをヨガ教室オーナーが解説

どちらも身体を伸ばす動作をするヨガとストレッチ。ヨガについてあまり詳しくない人からしてみれば、「ヨガとストレッチって何が違うの?」「どっちの方が良いの?」「それぞれ効果が違うの?」って思うことも多いです。

ですが実際には、効果や目的などが違っていてその違いが分かれば、さらにヨガやストレッチが楽しく感じられるようになります。

この記事はこんな人におすすめ
・ヨガを始めようと思っている人
・もっとヨガを深めたい人
・ヨガの効果を知りたい人

今回は、ヨガとストレッチの違いや目的や効果についてご紹介します。

Youtubeでは体が硬い人向けのはじめてのヨガをご紹介しています。まずはこちらからご覧ください。

\\ヨガに関する情報を発信中//

Twitterアカウントはこちら

目次

ヨガとストレッチってどう違うの?

ストレッチは、体を伸ばしたり、ひねったりして、筋肉がほぐれ、血行がよくなりカラダが楽になります。また動かす筋肉を意識してほぐしていくことで、体の柔軟性も高まります。

それに対してヨガは、筋肉をほぐすだけでなく、関節を動かすことで体幹を鍛えていくことができます。さらにヨガは、独自の呼吸法による心のコントロール、精神の安定も得られます。

ポーズ、体に与える影響、呼吸など、ヨガとストレッチには多くの違いがあります。

ヨガはなぜ呼吸を大切にしているのか

ヨガはサンスクリット語で「つながり」を意味する言葉です。心と体がつながっている状態のことを表しています。

ヨガの目的は、呼吸、姿勢、瞑想を組み合わせて心身の安定を得ることなのです。そして、その呼吸は、私たちの心と体をコントロールしていると言っても過言ではありません。

例えば、悩んでいたり、緊張していたりすると、身体が縮こまり呼吸が浅くなっています。それにより酸素が足りなくなって、疲れやすくなり、冷静な判断ができなくなってしまいます。また怒りっぽくなったりもします。

反対に、好きなことをしたり、楽しく笑っていたりすると、呼吸は穏やかで、ゆったり深く、身体もリラックスしています。また血液のめぐりもよく、疲れや悩みなどのストレスも手放すことができ、ぐっすり眠ることができます。さらに体温が上がり、内臓の働きもよくなって、痩せやすい体質になります。

このように呼吸は、心と体の健康とは切っても切れないものなのです。

リラックス効果が高い腹式呼吸

ヨガの呼吸法の中でも「腹式呼吸」はリラックス効果がもっとも高いです。

ゆっくりと深い呼吸をすることで、自律神経のバランスを調節しながら、副交感神経を優位にしてリラックス効果を高めます。深い呼吸はセロトニンなどの物質を出し、精神の安定を促します。

  1. あぐらの姿勢で座ります。
  2. 息を吸いながらお腹を大きく膨らませます。
  3. お腹の下腹に力を入れて息がもう吐けないという状態になるまで息を吐き出し、お腹をぺったんこにします。
  4. これを10回以上繰り返します。

腹式呼吸はいつでもどこでもできます。日常生活にぜひ取り入れてみてください。

ヨガにはどんな効果がある?

身体の歪みの改善

ヨガでは体をめいっぱい動かしてポーズを行うので、筋肉や骨や腱を伸ばし、正しいバランスと重心で行うことで、歪んだ部分に働きかけて、歪み矯正に効果を発揮します

身体の歪みを取ることによって、筋肉を本来の位置や形に変えて、無駄な脂肪を取ります。

自律神経の調整

ストレスや疲れにより交感神経が優位になり続けていると自律神経のバランスが崩れますが、全身を動かすヨガを行うことで、凝り固まった筋肉がほぐれて、ヨガの腹式呼吸でたっぷりの酸素が行き渡ります。

すると副交感神経が刺激され、心身がリラックス状態になり自律神経バランスが整ってきます。

客観視に自分を眺めることができる

深い呼吸に集中することで、雑念を取り払い自身の心を見つめ直すことができます。それにより心が落ち着き、感情を上手くコントロールできるようになります。

自分の内側と深く向き合うことで、充実した日々が送れるようになります。

ヨガストレッチ2選【動画】

ここまでヨガとストレッチの違いをお伝えしてきました。

最後に、「本格的なヨガはまだ……」という人や、「ストレッチに精神的な効果もプラスしたい」という人におすすめしたい、ヨガとストレッチを組み合わせた運動をご紹介します。

股関節を柔らかくするストレッチ

体が硬くても大丈夫です!深い呼吸をしながら行ってみてください。

肩こり解消ストレッチ

デスクワークなどでガチガチになった肩回りをスッキリできる簡単なストレッチです。

まとめ

呼吸法とポーズを組み合わせるヨガは、ストレッチでは得られない精神の安定やリラックス効果が期待できます。

ヨガとストレッチは似ていますが、違いがあります。ストレッチは筋肉をほぐして柔軟性を高めるエクササイズです。

一方でヨガは腹式呼吸を繰り返しながら全身を使ってポーズをとっていく身体技法です。

どちらを選ぶかは目的によって違ってきます。ただどちらも継続させることで心身によい効果をもたらすでしょう。

Youtubeでは自宅でできる簡単なヨガレッスンもご紹介しています。ぜひ一緒に行っていきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次